早漏治療の行動変容療法とは

行動変容療法として動きを止める事が有効的

早漏治療には病院で行う方法だけでなく、自分で行う事ができる行動変容療法も有効的な方法の1つです。
これは性交時やマスターベーションの時に受ける刺激自体を、行動変容療法を取り入れる事で刺激を抑えて早漏治療の効果を高めることが出来ます。
一番簡単な方法としてパートナーがいる人であれば、性交時に刺激を受けている最中に動きを止めて休むという方法です。
刺激を受け続ける事で直ぐに射精してしまうのが早漏ですが、精液を出す前に動くことをやめ刺激を止める事で射精自体を抑止することが出来ます。
その行動を繰り返すことで、自然と早漏治療の効果を高める事が可能です。
射精をぎりぎりまえ我慢するという事を3回から4回ほど繰り返してから、実際に射精をするという行動を行います。
これにより性交自体の時間を長くできるので刺激になれ、体に覚えこませるという方法とも言えます。
動きを止めて我慢することはつらいですが、しっかり行う事が効果的です。

性交を行う前にマスターベーションを行っておく

早漏の特徴には刺激に弱く、ちょっとした刺激でも直ぐに射精してしまう行動になります。
そのため行動変容療法の1つに、性交などの前にマスターベーションをしておくのも効果的な方法の1つです。
性交をいきなり行う事で、たまっていた刺激をいっきに感じてしまう事で射精に直ぐにたっしてしまいます。
ですが性交前に1回から2回ほどマスターベーションをしておくと、刺激になれ感度自体も鈍くなってきます。
そうすることで実際の性交時に感じる刺激を鈍くさせ、早漏にならないように調整する方法です。
マスターベーション自体は自分で行ってもよいですし、パートナーにお願いするという方法もあります。
また性交時の刺激を抑える方法には病院などから局部に麻酔薬が塗られているタイプのコンドームを利用し、感じる刺激を鈍感にして早漏を克服するという方法もあります。
早漏治療法として有効的なのは、強い刺激をいかに鈍くするかという点をポイントの1つです。

まとめ

早漏治療は自分自身で工夫するだけでなく、パートナーの人がいるのであれば協力してもらう事も重要です。
1人で悩んでしまうと気持ち的に焦ってしまう場合が多いですが、パートナーと協力して相談しながら行う事で精神的負担を抑えてリラックスして早漏治療に取り組めます。
行動変容療法で射精をするまえに休憩をしたり、性交まえにマスターベーションを行う方法は簡単なうえに効果的です。
そのため積極的に取り入れて、早漏を克服する事を意識することがより大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です